メモ書きのページ

Contents:

数学

補数

10進数における任意の整数 x,y を考え、 10^n > x > y であるとき、 z=x-y を考える。このとき z=x-y=x+(10^n -1 - y + 1) - 10^n は自明である。

このとき、 10^n - 1 - y を10の補数(a) 10^n - 1 - y + 1 を9の補数(b) といい、 (a)は10進法におけるyに対するの基数の補数 (b)は10進法におけるyに対する減基数の補数 といえる。

!を2進数におけるnotとしたとき、xにおいて、1の補数は !x 1の補数は !x + 1 で表されることは自明である。

雑記

  • rc.confのstatic_routeなどで”route_192-168”などはかけず、route_192168などにすること。”-“はセパレータなどとして解釈される?