git

Contents:

.gitのTIPS

過去のcommitのログ

HEAD^にて「^の数だけ前のcommit」を示せる。つまり、以下の通り。

HEADと1個のcommit(つまり、最後のcommit差分)
git diff HEAD HEAD^

(暗黙の currentと)1個のcommitとの差分
git diff HEAD^

(暗黙の currentと)Headとの差分(つまり、git diffと一緒)
git diff HEAD^

1個前のcommit差分
git diff HEAD^ HEAD^^

特定のcommitIDとの差分
git diff <commitID> <commitID>

git remote show origin

master開発時のpull手順

git fetch -p
git merge origin/master

master開発時のpatch開発手順

git checkout -b hogehoge
> -bによって、branchを切ってcheckout(移動)する
git branch
> branchが移ったことを確認
git branch -r
> remoteのbranchを確認
git branch -a
> remoteを含んだbranchを確認できる


git reset --hard
> とにかく、checkoutしているやつまで戻す

git branch -D i18n
> branchを消す

master開発時のstableへの展開

git branch master
git merge --no-ff master
FF: コンフリクトが発生しないマージのとき、マージコミットを作らない
no-ff: コンフリクトがなくてもマージコミットを作る

stable側での処理

git pull origin stable
git branch -D master
> 削除

タグをつける

git tag 0.0.1
git checkout 0.0.1
git push --tags

Branch関係のログ

git log --color --graph --oneline --all --decorate
git log --graph --oneline --decorate --tags --branches --remotes --color

参照しているHEADのcommitを見る

cat .git/HEAD
ref: refs/heads/master
cat .git/refs/heads/master
fffffffff31290832904890312ffffffffff